Event is FINISHED

Music Innovation by Color #1~音と色彩で創造性を鍛える新しい音楽の楽しみ方~

Description

※イベント名を変更しました。

<はじめに>

「音楽演奏会」と聞いて何を思い浮かべますか?

まして、それが「クラシック音楽です」と言われたらどうですか?

おそらくほとんどの方が「自分とは関係がない敷居が高い世界だな・・・」と思ったと思います。

その理由はなぜでしょうか。

1つには、演奏会は演奏家の自己満足を満たしてあげる場所だから、聴き手は受動的になって終わる=退屈だから。

1つには、サッカーや野球のように勝ち負けのわかるものではないので演奏会の楽しみ方がわからないから。

1つには、クラシック音楽はなんだか昔の世界の話のようで保守的なイメージ、嗜む平均年齢も高そうなイメージがあるから・・・等々ではないでしょうか。

Music Innovation by Color(MIC/マイク)”では、こうした概念を取っ払ったコンサートを実験的に実施していきます。

そのために何をするのか?

答えは簡単で、みなさまの創造性や感性を活用し、能動的な体験を得られる演奏会を提供します。

<どんなことを行うの?>

「共感覚」という言葉をご存知でしょうか。

共感覚とは、文字や音を聞いたときにそれに色が見える特殊な能力を持つ人です。

そんな特殊な能力は持っていないよ、と皆様は思うかもしれません。

でも、例えば下の図を見てください。


いいですか?では直観で、どちらかに「ボワボワ」、どちらかに「キキ」と名付けてください。

恐らく90%以上の方が、左をボワボワ、右をキキと名付けたのではないでしょうか。

このように、人は「この響きにはこのイメージ」という感覚をいつでも働かせているのです。そしてその感覚は時として様々なインスピレーションを生み出す効果を持つとも言われています

本当に共感覚を持つ人は、「ドレミ」をきいただけで「なんとなくドはグリーン、レは黄色、ミは青が見える」と言いますが、そこまでではなくても本来人間にはこうした能力が備わっているのです。その有名な例がディズニー映画「ファンタジア」です。(ぜひチェックしてみてください!)

今回は、2曲のピアノ曲を演奏するので、皆様には聞こえてきた音のままにイラスト(線や丸を書くだけでも問題ありません)を書いてもらいます。そして、グループになって皆様で発表をし合ってもらい人それぞれの感性の違いを体感し、新しい発見をしてもらいます。

今回開催する場所はなんとカラオケルームのピアノコンサートホール。

通常のコンサートと違いラフな格好でお越しいただけますのでお子様を含めたご家族での参加も大歓迎。以下をご確認の上、ぜひぜひ皆様のご参加をお待ちしております!

※主催者自身も今回、10年ぶりに人前でピアノを弾きますので実力や進行について不手際がありましたら申し訳ございませんが、皆様が楽しめるような企画にするため鋭意準備を進めております。。

<イベント詳細>

Music Innovation by Color #1

~音と色彩で創造性を鍛える新しい音楽の楽しみ方~

■日時:2018422日(日)

■時間:16:00開場/16:30開会~18:30終了(予定)

■場所:カラオケ館上野本店ピアノルーム

東京都台東区上野4丁目4 上野B&Vビル)

■定員:約30名(申込み先着順)

■費用:2,000円(10歳以下のお子様に限り1,000円)

※ソフトドリンク付き

■演奏:山口ほたる

<内容>※曲目は変更となる場合があります

16:0016:30 受付開始(現地支払)

16:3016:45 挨拶・趣旨説明

16:4517:00 音楽の聴き方って?~クラシック音楽家のイノベーションや現代に通じるお話

17:0017:30 1曲目のアートペインティング(曲目:チャイコフスキーより1曲)&発表

17:3018:00 2曲目のアートペインティング(曲目:ブラームスより1曲)&発表

18:0018:10 御礼に1曲(曲目:ベートーヴェンより1曲)

18:1018:20 閉会挨拶

18:2018:30 記念撮影

18:30    撤収

 

<演奏家プロフィール>

山口 ほたる

家族の影響で3歳よりピアノを始める。小中学生時にいくつかのコンクールにて全国大会出場。とはいえ実態はピアノの練習をする楽しさを理解できなかった。一方、音楽を聴きながら小説やイラストを書く楽しみだけは覚える。高校時代にいくつかの音楽漫画にハマったことがきっかけで、音楽と真剣に向き合うようになる。大学時代にドイツハンブルク音楽院の聴講生として1年間海外留学。その後、音楽が単なるCSRで終わるのではなく経営学やイノベーション創出への思想に直結できる可能性を知り、2018年度よりMaster of Arts取得に向けて大学院通学予定。

MICにかける想い>

音楽を表現するときに頭の中でイメージしていることを人と共有したい。実は、MIC(マイク)はそんな思いから生まれた演奏会なので現段階では特にゴールがない取り組みです。

本当は私よりもたくさんの、そして優れた人が「アート」「創造力」「イノベーション」「共感覚」「デザイン」こうした言葉に対する知見を持っていると思います。そして、私よりもたくさんの人が「音楽」への深い知識、演奏の技術を持っていると思います。だからこそ、私なりにできることは何かをみなさまと一緒に考えたい、そんな想いでいます。

こんな見切り発車のプロジェクトである一方、1つだけ、私にしかできない「Why “I”?」があります。それは、これらの知見や技術を持つ人の「間」に立つ経験をしてきた、ということです。

通常音楽を心から愛する人は音楽大学に進学をして、少しだけ実社会とは離れた生活をしてしまいます。そうなってしまうと音楽と実社会はいつまでも平行線のまま交わることはありません。私ができることはこの2つの社会を結びつけること。単なるエンタメ化させた芸術でもなく、既存の芸術でもない世界がMICを通じて作りたい世界。できることをこれから広げたいと思っております。

実験的な取り組みの記念すべき第一弾企画に、ぜひみなさまお集まりください!!

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#328132 2018-04-02 13:42:45
More updates
Sun Apr 22, 2018
4:30 PM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
大人2,000円(当日払い) FULL
子供10才以下1,000円(当日払い) FULL
Venue Address
台東区上野4丁目4−6 上野B&Vビル Japan
Organizer
Music Innovation by Color(MIC/マイク)
12 Followers